男性の性と妊娠の因果関係

妊娠や分娩において女性の果たす役割が大きいこ とはよく知られています。女性の生殖器は卵巣、卵 管、子宮と膣からできており、これを示したものがあります。

このほかに、卵巣で卵が成熟し排卵するためには卵巣を刺激するホルモンを分泌する臓器が必要で、これには脳の一部の視床下部間脳と脳のいちばん下にある(脳)下垂体がその役目を果たしています。したがって、これらも広い意味では女性生殖器に入れてもよいでしょう。また外陰も、直接的には 生殖に重要な役割をもっていませんが、生殖器の一部です。

卵巣は左右に一対あり、長径が約三m程 度で、やや平たい楕円形をしています。卵巣は妊娠 に欠くことのできない卵をたくさんもっており、約 一か月に一回、受精可能な卵を排出(排卵)する役目を受けもっています。

卵管(図3)も左右に一対あって、10〜15センチの長さです。卵管は子宮内腔とつながっていて、子宮側が細く(峡部)、先へ進むほどしだいに太くなっており(膨大部)、末端にはイソギンチャクのよな格好をした卵管采が付着して、お腹の中(腹腔)に通じています。

卵管は、排卵された卵を卵管采部で卵管へ取り込む役目をもっています。いつぽう、子宮から昇って くる精子に対しては、精子の上昇を助け、また精子 が卵に到達するまで生きていけるようなよい環境をつくります。同時に、卵と精子が受精するのに都合 のよい場を与え、かつ受精卵の子宮への移動を助け るなどの非常に重要な役割を担っています。子宮は鶏卵大で、逆三角形の西洋なしのような形をしています。子宮腔の長さは普通、子宮 の出口から底部まで約七mあります。子宮は、精子 が卵管の方へ昇っていくのに理想的な環境を提供す
ると同時に、受精した卵が卵分割しながら卵管から 子宮腔へ出てきて着床するまで、受精卵に対して も理想的な環境をつくっています。

また、子宮の内 側を覆う子宮内膜は、ホルモンの影響を受けて受精 卵が着床しやすい状態へ変化します。さらに、子宮は、胎児が胎外で生存できるようになるまで成長する場を提供し、最後に、分娩のさいには胎児やその 付属物(胎盤などを胎外へ出すはたらき字宮収縮陣痛)をもっています。

肌荒れがひどく夜のコンパニオン嬢とやめようか悩み中

「落ちにくいメイク」がもてはやされる今、「よく落ちるクレンジング」が人気を潮すのは当然かもしれません。ただし、流行と手軽さで多くの女性が使っているオイルクレンジングだけはどうしてもおすすめできないのです。

申し遅れました。
私は、東京の人ごみから避けたい一心で今、沖縄のコンパニオン嬢として働いています。
キャバクラなどと違い、お酒も飲まず虎視眈々と宴会場でお酒を注ぐだけの仕事なので比較的楽なのですが、なんせ、仕事が夜が多く肌トラブルが多いのが悩みです。

それで逃げてしまったのがクレンジングオイルです。

まず、あのギトギト感しびれがあるから、クレンジングのあとにも三度、石鹸で洗顔したくなる。つまり「ダブル洗顔」「トリプル洗顔」をするから肌に必要なものまで奪ってしまい、肌トラブルの起きやすい境境をつくってしまうのです。

さらに踏み込んでお話しすると、化粧品という「油汚れ」をすばやく落とすために、オイルクレンジングには通常より多い「界面活性剤」が使われています。界面活性剤とは、水と油をまぜ合わせるための製剤。その使用量は、台所用の合成洗剤とほぼ同じだという方もいます。

そんな、界面活性剤で手を荒らす主婦が跡を絶たないことでもわかるように界面活性剤はたんぱく質を破壊して皮膚をポロポロにする性質を備えているのです。しかも数百円で売られているオイルクレンジソング剤は、肌への刺激も強い安価な製剤を使っている可比脂性も高い。

それほどまでに「オイルクレンジング反対」を唱え続けているのは・数年前に使用をやめたといわれる人でも、額のブツブツや熱を帯びた赤い頬、開いた毛穴など・その黒シミに悩んでおられる人を、実際にたくさん見ているからなのです。

それでも夜の仕事をしつつオイルクレンジングがいいですか?

なかなか子どもができない方へ自然周期の休講受精”ースになる考え方

日本でも世界でも現在、排卵剤を使って多くの卵胞を育てる「卵巣刺激」による体外受精が行われています
クリニックも、かつてはこの方法を行っていました。
しかし、治療を続けるうちに「本にこの方法がよいのか?」と疑問をもち、研究を重ねました。そうして、自然の妊娠のしくみに立ち返り、それ近い形で行う「自然周期」の体外受に至ったのです
参照:なかなか子供ができない理由と対策
ここでは、不妊メソッドの体外の基本となる、3つキーワードを解説します。

卵管回帰説

外受精で子宮に戻した受精卵は、卵管へと移動してそこで成長し、子宮に戻って着床する-これが卵管回帰説」です。
外受精は当初、卵管が詰まっていなど、卵管が不妊原因の場合の治療法でした。しかし、子宮外妊娠で卵管切除した人に4細胞の受精卵(初期旺)を戻しても、なかなか妊娠しないことがわかったのです

然妊娠では、受精卵は卵管の先端へと向かいながら、成長します。不妊メソッドでは、この卵管の環境が、受精卵が育つためには、とても重要だと考えたのです。
卵管回帰説にのっとれば、卵管を切除した人には、初期旺よりも長く体外で成長させた「盤胞」を戻せばよいのではないか。そんな仮説から、「雁盤胞移植」という新しい治療法が有効であることに気づき、これにより妊娠率を上げることに成功したのです。

自然周期の体外受精

「体外受精は不自然だ」と言う人がいます。確かに、多量の排卵誘発剤を投与して、多数の卵子を採卵するのは、自然から離れていますし、体への負担も大きいものです。
スクリニックが追求するのは、それとはまったく逆で、みずからのホルモンの働きを大事にした「自然周期の体外受精」です。
毎月の排卵では、いくつか育った卵胞の中から、最終的に1個の卵胞が選び抜かれて成長します。この「本来、排卵するはずの卵子」をベストなタイミングで採卵するのが、自然周期の体外受精です。

原因不明不妊の多くが、排卵した卵子が卵管にとり込まれていない「ピックアップ障害」だと考えると、不妊の原因は「卵子と精子が出会えていない」ことです。
つまり、体外受精・顕微授精は「卵子と精子を出会わせる」ための、必要最小限のサポートなのです。

最小限の薬の使用

不妊治療をしているほとんどの人は「子どもは1人か2人、授かればいい」と思っているのではないでしょうか。だとすると、排卵誘発剤をたくさん使って、いくつもの卵胞を育てる必要など、まったくないのです。
クリニックでは、薬の投与はあくまでも「足りない分を補うため」と考えます。
排卵誘発剤の中でも、おだやかな効きめのクロミフェン製剤(クロミッド)を服用して、通常の排卵に近い形で卵子を育てていきます。また、現在はまったく薬を使わない「完全自然周期」の体外受精にもとり組み、実績をあげています。
世間一般では、今も排卵誘発剤の注射。hCGを使用していますが、これは卵巣刺激症候群(OHSS)の副作用が心配な薬です。過剰な投薬を避けることは、副作用の心配から解放されることでもあるのです。

太陽光発電の人気比較と生産量

太陽電池の世界生産量は、先に述べたように各国での太陽光発電システムの導入支援制度を背景に大きく成長しています。2008年の世界生産量は6,941Ⅷ、対前年比朋・9%増で、好調な伸びを持続しました。1999年〜2008年の平均成長率は舶・2%、2004年〜2008年では開・3%で、近年の成長はさらに加速していることがわかります。生産量では2004年に史上初めて1,000W(1M)を超え、その後4年で7,000W目前となり、年間旧帥時代が間もなくやってきます。
地域別生産量は、日本1,224W、欧州1,907Ⅷ、アメリカ412Ⅷ、アジアを中心とするその他の地域3,398州で、全地域で生産が拡大しています。
特にアジアを中心とする地域では中国・台湾での生産量が増加し、前年比129%増という驚異的な成長となりました。

太陽光発電の人気リスト2014と電力会社に電気を売る仕事

ドイツにおける太陽光発電ファンドのビジネス・スキームでは、投資管理会社が、100%出資の太陽光発電事業会社を設立し、太陽光発電システムによる発電事業を行って収益を得るのが一般的です。個人投資家を対象とした典型的な太陽光発電ファンドでは、投資家はプロジエクト全体の3割程度を拠出し、残りの資金を銀行から借り入れて、レバレッジによるリターンの拡大を狙います。発電電力は電力会社に売り渡します。
太陽光発電の人気リストもこれにあてはまります。
アメリカでは、連邦政府による税制控除制度や州政府による設備投資補助など各種支援制度を総合的に組み合わせて商用電力より安価な電力を作り、これを電力会社や大口需要家に販売して利益を得る新たなビジネスが活発化しています。これが太陽光発電電力売買契約(SPPA)と呼ばれるものです。アメリカにおける非住宅分野の太陽光発電システム市場の推移を見ると、2005年にはSPPAを伴わない設置がほとんどでしたが、2007年にはSPPAによる設置が約半数に増え、2008年以降はこの方式の設置数が圧倒的に多くなっています。

太陽光発電の人気比較で施工業者に騙されないように太陽光発電を選ぶ

太陽光発電により発電した電気は、電力会社による一般的な発電方式に比べてコストが高いのが現状です。
しかし、各国で実施されている助成制度の適用を受けると、太陽光発電が収益を生み出す場合があります。太陽光発電電力の全量を固定価格で買い取るフィードイン・タリフ制度が実施されているドイツでは、太陽光発電システムを釦年間運転すれば、初期の設備投資額に対して数%の利回りが見込めます。このため出資者を募って大規模な太陽光発電システムを作り、発電電力を全て電力会社に売り渡す方式が数多く出現しました。
太陽光発電の人気比較.com
http://solarpower-navi.net/

AIDの問題と不妊治療

実際には難しい問題が生じることもあるのでこの選択に当たっては夫婦、その他の家族、医師などの慎重な話し合いがされるべきでしょう。

AIDを希望するのは「養子より、半分は妻の血を分けた子だから」という考えからであるという場合がいちばん多いようですが、男性側から見れば、この子どもとの血縁関係がなく、はっきりいって夫はアウトサイダーであり、ある意味では正常な親子関係ではないわけですから、最後まで自分の子どもとして確固たる信念で子育てができるのかに疑問が残ります。いずれにしろ、「育てればわが子」というようなしっかりした子育てのポリシーが必要でしよう。

海外には、国籍の違う子ども何人かをわが子として育てている家族が多く、日本でもそのような家族が出てきています。5人のいろいろな国の子どもを育てているあるアメリカ人は、その子どもたちを「私のユーナイテッド。ネーション」と呼んで自慢しているということです。
この話を聞くと、AIDにこだわるより、親を必要としている子どもを世界に広く求めてインターナショナルな「わが子」をもつほうが意義があり、ほんとうの子育てのような気もしますが、どうせ養子をとるなら、血が少しでもつながっている半養子といえるAIDの子どものほうがよいという考えも根強いともいわれているので、この問題はそう簡単に決めつけることはできないのでしょう。ただ、AIDの決定が、当の子どもは不参加のまま行われているという点だけはよく考えて、生まれてきた子はしっかり育てていただきたいものです。

体外受精の妊娠率と費用と不妊治療

子供ができないと悩んだあげく不妊治療の一環として欧米の先進国では30%という数字が出ているという説もあります。また、日本では15〜30%という数字を出している機関もあります。ギフト法では30%以上の成績という説もありますが、まだそれほど成功率は高くなく、まだひとけたの成功率ではないかとの考えもあります。
費用は、1回につき100万円でも安いといわれた時代もありましたが、現在では30万円前後といわれています。しかし、一度で成功する率が低いことを考えると、たいへんな負担です。

主婦の為の日常生活

若者は自慢げに朝食など食べないといいます。そして、10代の前半から酒、たばこ。そして、飲みすぎ、食べすぎ、夜遅くの食事。これでは太りますし、不健康です。

豊かな生活が行く着く先にあるのが、ダイエット。ファッション誌に登場するモデルのようになりたい、スリムな服で決めてみたいという願望から無理なダイエット。結果は生理がなくなったり、排卵ができなくなったり、栄養バランスを崩して体調不調に。子宮などが発達する時期にこんなことをしていたら、不妊になるのも当然なのかも知れません。若いうちから将来の母性を大切に考えたいものです。

身体をしめつけてかっこよくなりたい

少しでも細く、かっこよく見せるためにガードル、ハードサポートのパンティーストッキング、ポディスーッの着用。これでは血行が悪くならないほうが不思議です.体、ことにウエストをしめつける衣服を若いときから長期につけることは、とにかくやめたいものです。

病院に行けば何とかなるという考え

健康保険制度の普及はたいへんよいことですが、これで、「病院へ行けば何とかなる」という考えが普及したことは難点です。昔は、健康保険がなく、医療費が高かったので、自分で節制して自分の健康を守ろうと努力したものです。不妊に関していえば、体づくりができていないところにホルモン治療しても、体が反応できずに無駄に終わる可能性が高いのです。こればかりは病院にだけ頼ってはいけないと、肝に命じて頭に入れてください。

現代の快適生活と、不摂生な生活が不妊を招いている!

不摂生な生活はともかく、快適生活が不妊を招くなど信じられないという方もいるでしょう。しかし、快適な生活は運動不足になるうえ、とかく不摂生な生活や健康管理の悪さにつながっているようなのです。

歩かないで、車に頼る生活

車を持つことは現代の若者なら、もう常識。そして車を持つと、なぜかたばこを買いに行くにも、そこまでの買い物にも車でとなり、重い荷物を持つこともありません。また交通機関の発達で、歩く距離は極端に短縮。1日1万歩歩くなど、夢のまた芦雲Lす。

歩かないと、当然下半身の機能は低下。歩いたり、重い荷物を持ったりで得られる体づくりがされないまま、大人になってしまいます。
見かけの体のほうは別。動かなくても、体は大きくなり、一見、立派な大人にはなります。ただ、子宮の発達が悪いなど中身が大人になれないという現象が出ているということです。

便利な電化製品がもたらす快適生活

家庭電化が普及し、仕事はみんな道具がやってくれますから、昔の女性に比べたら、家の中で動くことは極端に少なくなっています。が、これがまた機能の低下や、子宮の発育不全などを招くのです。

冷暖房の快適空間の中で1日中テレビ一味などという生活も、夢どころか、もう当たり前の現実。これでは体力がつくはずもありません。

夜ふかし。睡眠不足。不規則生活

深夜テレビのせいか、寝るのは1時、2時という若者も多いと聞きます。これでは、体力があるほうが不思議ですし、従来考えられていたより長くかかる性成長期にこの状態であれば、子宮発育不全や排卵障害精子の生産異常が起こっても不思議ではありません。